Living in Peace Microfinance Project

すべての人にチャンスを

Shin Taejun

働きながら、社会を変える。

リビング・イン・ピース(Living in Peace, LIP)の活動は、2007年10月28日、ジェフリー・サックス氏の著書、「貧困の終焉」に触発され、自らの得た知識や経験を、貧困の削減の為に役立てたいと願う若者の小さな勉強会から始まりました。リビング・イン・ピースという名称は、日本国憲法前文の「われらは、全世界の国民が等しく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」に由来しています。私たちは、全世界の国民が貧困から解放され、平和に生きることを希望し、その為に学び・考え・行動することをモットーとしています。

私たちは、貧困を抜け出すために必要なものは機会の平等だと考えています。これは、人間は機会さえ与えられれば 自力で人生を切り拓いていけるという信条に基づいています。この考えに基づき私たちが選んだのは、マイクロファイナンスです。開発途上国には、貧しさゆえに金融サービスを受けられない人々がいます。そのような人々に資金調達等の機会を提供するマイクロファイナンスの意義に私たちは共感し、マイクロファイナンスの研究・普及および支援活動を行っています。

私たちはまた、貧困のような構造的な問題を解決するには、皆のアクションが必要であると考えています。当然ながら、1人の100の行動より、1,000人の1つずつの行動のほうがはるかに強いものです。いつの時代も、構造的な変化は、たった一人の英雄や天才の行動によってではなく、普通の人々の小さくとも確実な行動の変化によってもたらされてきました。ならば、変革を起こすために重要なことは、誰でもできる仕組みづくりだと私たちは考えています。私たちは、本業を持ちながらでも出来る社会貢献活動のロールモデルになろうと考えています。
一緒に、たった一つでもアクションを起こしてみませんか。

慎泰俊