Living in Peace Microfinance Project

すべての人にチャンスを

マイクロファイナンスについて

金融のない世界で、失われる機会がある。貧困から抜け出す一歩を、すべての人に。

「マイクロファイナンス」とは、貧困層向けに提供される金融サービスの総称です。
そこには、融資、貯蓄、保険、送金といった種類があります。マイクロという名称の通り、金額が「小口」である点が名称の由来です。

「マイクロファイナンス」が注目されるようになった契機は2006年。
その年、バングラデシュのムハマド・ユヌス氏と彼の設立したグラミン銀行がノーベル平和賞を受賞しました。
受賞の背景には、多くの発展途上国の金融に見られる、次のような構造的な問題がありました。

多くの発展途上国において、一般の銀行は、担保や客観的な信用がある富裕層や大規模な企業に対してのみ融資を行っています。
貧困層の人々は、商品や原材料の仕入れをしたり、家畜の数を増やしたりするのに必要な少しのお金を得るために、
非合法な高利貸しや親類縁者に頼ることしかできない状況にありました。
しかし、これらのインフォーマルな金融は常に利用できる訳ではありません。
仮に利用できた場合でも、金利だけでなく金額や条件が不利な場合が多く、お金のやり繰りに困っていました。
また、安心して小銭を預けられる場所もありませんでした。

マイクロファイナンスの大きな特徴の1つは、
そういった貧困層の人々が持続的に金融サービスを受けられる仕組みを考案し、利用を促進した点にあります。

マイクロファイナンスのサービスの提供は、現地のマイクロファイナンス機関(Microfinance Institution, MFI)を通じて行われます。
MFIには、政府系、NGO系、民間と様々な形態があります。

DSC_0388 (1)

MFIの多くは、貸付地域毎に任命された責任者が毎週顧客を集め、お金の使い道や返済の計画について個別にアドバイスを行います。
こうした取り組みによって、人々は、具体的なお金の管理方法と効果的な運用方法を学ぶことができます。
たとえば、借りたお金を元に、家畜の飼育や手工芸品の製作、食料品店の運営などの事業を営むことができます。

このように、融資によって事業の拡大を支援し、人々が自らの手で生活の水準を上げていくことが可能になります。
売上の増加により返済ができるようになり、借り手としての信用力が上がります。その結果、さらなる融資を受けることも可能となります。

私たちLiving in Peaceは、MFIを通じてこのサイクルを持続させることが、人々が貧困から抜け出すきっかけになると信じ、行動しています。
また、活動開始以来、そうしたマイクロファイナンスの利用者と実際に出会ってきたことで、より確信を深めてきています。

* 第2種金融商品取引業者の登録のないLIPは、金融商品の勧誘、募集等の行為は一切行っておりません。
マイクロファイナンスファンドにつきましては、提携先のミュージックセキュリティーズ社にお問合せください

What We Do

マイクロファイナンスファンドの企画

世界には10,000を超えるマイクロファイナンスを提供する金融機関(マイクロファイナンス機関、MFI)が存在していますが、
まだまだ全ての人へ金融アクセスを提供することができていません。
そして現在でも多くのMFIが、融資や安全な預金などを提供するための外部からの資金調達を必要としています。
そこで、私たちは日本を主とした先進国の投資家からお金を集めて開発途上国のMFIに送る投資ファンドの企画を行っています。

私たちのファンドの特徴

  1. ファンドの企画から現地調査、契約交渉まですべて、自分たちの手で直接行っています。
    投資候補先のMFIを一つ一つ自分たちの手で直接調査することで、これから届ける資金がどのように貧困削減に結びついていくのかを確かめます。
     
  2. 投資先を選ぶ際には、「機会の平等と貧困の削減に役立っているか」、「財務の健全性が保たれているか」、「ガバナンスがきちんとしているか」の3点に常に着目しています。
  3. 投資後は、投資家にファイナンスとソーシャルの双方の観点から、投資の効果を適切にレポートしていきます。私たちは日本初のマイクロファイナンス投資ファンド「カンボジアONE」を2009年に企画し、マイクロファイナンスが貧困削減につながるという確かな手ごたえを感じました。先進国にいながらにして途上国の支援ができるという点や、投資であるからこそ支援を続けられるという点を大切に、寄附ではなく投資ファンドという形で、マイクロファイナンス機関の支援を続けています。

マイクロファイナンスに関する情報発信

近年、マイクロファイナンスという言葉自体は広まりましたが、
特に日本では、その成長過程や効果、課題が正しく理解されておらず、認知度を高める余地があります。

このような状況を背景に、毎年「マイクロファイナンスフォーラム」を開催するなど、
セミナーやイベント、ソーシャルメディア等を通じて、マイクロファイナンスの情報発信に努めています。
多くの人が当たり前にマイクロファイナンス投資に関わる。私たちの活動によってそのような環境を作り、貧困削減へのスピードを上げたいと考えています。

* 第2種金融商品取引業者の登録のないLIPは、金融商品の勧誘、募集等の行為は一切行っておりません。
マイクロファイナンスファンドにつきましては、提携先のミュージックセキュリティーズ社にお問
合せください

LIPが取り組むファンドの仕組み

Living in Peaceのファンド事業では、金融証券取引業者・海外のマイクロファイナンス機関(MFI)と連携しながら、日本の投資家と途上国の借り手をつなぎ、持続的な資金の循環を作り出しています。

図1 (1)

※ MFI(マイクロファイナンス機関):NGO、信用金庫、中小銀行など形態は様々

支援先のマイクロファイナンス機関(MFI) 

現在(2016年4月時点)、Living in PeaceはカンボジアのサミックベトナムのTYMの2つのマイクロファイナンス機関に支援を行っています。

Samic(サミック)

P1010733

カンボジアの中規模マイクロファイナンス機関であるサミックは、
プノンペンに本社を構え、 結核やHIV/AIDSの蔓延を防ぐことを目的に1994年に設立された
Cambodian Health Committee (CHC NGO) をルーツとしています。

公衆衛生・開発セクターにおける活動に25年以上従事してきたソク・ティム氏が、
保健事業の重要性と同様に資金面のサポートが貧困層の削減に寄与するという信条から 開始したマイクロクレジット事業が、そのはじまりとなっています。
2009年11月にカンボジア語で「連帯」を意味する「サミック」に名称変更しました。
サミックが掲げるビジョンは、貧困緩和に貢献すること。
カンボジアの低所得者層の生活水準を改善し、継続的な発展を維持することです。

2016年1月現在、サミックの顧客の人数は約19,000人で、顧客の返済率は約98%。
9地域18支店でマイクロ ファイナンスサービスを提供しています。
 
TYM(ティーワイエム)
 
tumblr_inline_nza6qvMgP81rxsfkr_540
 
TYM(ティーワイエム)はベトナム北部を中心に営業を行うマイクロファイナンス機関です。
TYMという名前は、I Love Youを意味するベトナム語“Tao Yeu Mai”頭文字からとったもの。
1992年、政府の貧困削減を支援するためにベトナムの公的な女性団体であるベトナム婦人連合(Vietnam Women’s Union/VWU)によって設立され、
2010年8月にベトナム政府から正式に、マイクロファイナンス機関として国内初のライセンスを取得しています。
女性顧客比率は100%で、主要顧客は貧困線(必要最低限の物だけ購入することができる収入水準)の周辺で生活をしている女性たちです。
さらに借手の2割は母子家庭の母親である等、経済成長の成果が届きにくい層へのアプローチを追求している社会企業です。
2015年12月時点の顧客数は 11万人以上で、マイクロファイナンスの一連の活動によって、たくさんの女性達が自立的な生活を構築することができるようになっています。