Living in Peace Microfinance Project

すべての人にチャンスを

#03 宮田 小春


(LIP歴4年。ファンド企画、ファンド管理グループ所属)

本業の仕事内容:
  監査法人勤務を経て、Big4のFASにて財務DDや各種会計コンサルティング業務に携わっています。

 

LIPでの業務:
  投資先レポートの公表前チェックや、新規投資先のDD、LIP版会計講座の講師を担当しています。

 

LIPに入会してよかったこと:
  まず、大学で勉強していた貧困問題に、社会人となった今でも本業を大切にしながら取り組めること。このような機会を与えてくれるLIPに感謝しています。
  また、本業で培ったスキルを持ち寄り、各人が強みを活かして活動するLIPでは、自分のスキルを社会貢献に還元でき、同時に本業では出会うことのできない様々なメンバーから、多くの刺激をもらっています。
  さらには、本業もプライベートも大事にするポリシーのもと、自然とタイムマネジメント力が向上します(精進中)。
  その結果、時間に追われていた日々が、充実したものになりました。と、挙げ始めるときりがありませんが、結局はなんだかんだで楽しくて、これまで活動を続けています。

 

入会を考える方へのメッセージ:
世の中は、だれか一人の英雄によって変わるものではないけれど、
みんなが少しずつ変わることによって、ゆっくりと、でも確実に変化する
LIP代表・慎の著書『働きながら、社会を変える。』
栄治出版、より

  私が入会を決めるきっかけとなった言葉です。一緒に社会貢献を始めてみませんか。

 


 

#04 木下 祐馬


(設立当初から在籍のLIP歴9年。人事・法務、総務グループ所属)

本業の仕事内容:
  金融エンジニアリング・グループ(FEG)というコンサルティング会社で、主に金融機関向けのリスク評価モデルを構築しています。

 

LIPでの業務:
  昔に比べると活動時間は短くなりましたが、主に人事・総務といったバックオフィス系のタスクを行っています。

 

LIPに入会してよかったこと:
  社会人1年目に代表・慎と出会って早9年を過ぎましたが、「働きながら社会を変える」という言葉は私の中では特別なことではなく、日常と化しています。
  本業を持った社会人が集まってパートタイムで何かを成し遂げるというのは想像以上に大変であると何度も感じてきました。しかし、個性的なメンバーの気持ちのベクトルが同じ向きであれば何とか前に進むことも同時に体験できました。

 

LIPでの9年を振り返って:
  20~30代が中心ですのでライフイベントによる生活の変化が多いですが、そんな環境の中でも本業を持ちながらNPOで活動することが日本社会の中でも当たり前のことになれば、LIPと共に歩んできた時間は意味があったと思います。

 

入会を考える方へのメッセージ:
  ミーティングを見学すると、土曜日の昼間からほぼ全員がノートPCを開いて議論するという奇妙な?光景がご覧いただけますが、みんな少しでも社会を変えたいと思っている面々ですので、是非積極的にお話いただければ私たちもうれしいです。
  金融知識のあるメンバーは確かに多いですが、広報やシステムなどそれ以外のタスクもたくさんあり、普通の会社と同じような組織体系です。どんな人にも活躍する場はあるので、活動に興味がある方はまず一歩踏み出してください!