Living in Peace Microfinance Project

すべての人にチャンスを

働きながら社会を変える

貧困問題は複雑で解決の特効薬はありません。世界に生きる一人ひとりが、それぞれの強みを最大限に活かし、多角的に解決に取り組むことが必要とされています。Living in Peace(LIP)マイクロファイナンスプロジェクトでは、私たちのビジョンとミッションに共感し、持続的な事業推進にコミットできるメンバーを常時募集しています。
働きながら社会を変える

RECENT ARTICLES

新年のご挨拶
新年初のご挨拶を差し上げます。いつもご支援くださり有難うございます。 昨年の10月28日でLiving in Peace設立から10年が経ちました。立ち上げた当初は右も左も分からない状態で前に進んできましたが、この10年をかけて社会人が持ち時間の一部を割きながら社会活動をするプラットフォームをつくることができたように思...
PR三兄弟による年末放談!僕らがLIPに居る理由
男三人寄ればLIP万歳!? 広報グループのメンズが、2017年を振り返りつつLIPの魅力をちょっぴり真面目に語ります。 プロフィール: (右)コウヘイ ◆LIP歴8ヶ月。本業はSE。面倒見の良い兄貴肌の一方で、スイーツ男子という面も。ベッジュマン&バートンのルイボスティーを飲みながらイデミ・スギノのケーキを食べるのが至...
国を追われた人々が直面する課題とは? ~金融包摂と難民問題~
世界中では多くの人が身の危険を理由に、自分の町を離れ、海や国境を越え、新しい土地での生活を余儀なくされている。2016年に紛争や迫害が原因で国内外に強制移動をせざるを得なかった人々の数は、過去70年のうちで最多となる6,560万人を記録した(UNHCR, 2016)。最近のニュースでは、迫害から逃れてミャンマーから隣国...
『最底辺のポートフォリオ』が問い直した、途上国の「貧困と金融」
本コラムの執筆時点である10月上旬。次々と発表されるノーベル賞の各分野の選出が世間を賑わせています。約10年前の2006年には、バングラデシュのマイクロファイナンス機関である「グラミン銀行」と、その創設者であるムハマド・ユヌス氏がノーベル平和賞を受賞しました。 1970年代に米国留学を終えて母国に帰国し、経済学者として...
国税庁認定から都庁認定への切替手続が完了しました
国税庁認定から都庁認定への切替手続が完了しました March 21, 2017 Living in Peaceは、2017年3月15日付けで東京都より特定非営利活動促進法第44条第1項の認定を受けたことをご報告いたします。 当法人は、旧認定制度に基づき国税庁長官による認定を受けておりましたが、2017年7月15日に当該...
新年のご挨拶
新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い致します。 早いもので、Living in Peaceは今年の10月で創立10周年を迎えます。これまで私たちにご指導とご支援をくださり誠に有難うございました。 私たちが創立1年後に開催したマイクロファイナンス・フォーラムにてマイクロファイナンス投資を提唱した2...