−本業の仕事について

企業変革プロジェクトの戦略策定・実行支援を行っています。人・組織に関する領域を専門としており、例えば海外拠点における意識改革のためのコミュニケーション戦略などを企画しています。

−入会のきっかけ

業務に慣れてきた社会人二年目の段階で、学生時代から関わってきた途上国支援の活動を再開したいと考えました。しかし、正規職員がいるNPOでは活動の本質に関われず「お手伝い」になることも多いと考え、自分が主体となり企画から実行まで活動を行える環境を探していました。また、経済的支援に関心を持っており、日本でもその領域に本格的に携わることができるところを希望していました。この2点のこだわりが叶う場所がLIPだったため、かなり即決気味に(笑)入会しました。

−LIPで取り組んでいる活動について

まずNonfinancialチームで、投資先マイクロファイナンス機関(カンボジア)の職員に向けてビジネススキル研修を行いました。ビジネススキルと言っても、具体的にはパワーポイントやエクセルを用いた資料作成方法が主な内容ですので、社会人二年目のわたしも力になれる活動でした。本業で培ってきた論理的思考や資料作成能力が少しでも社会の役に立ったと実感できる、とても良い機会でした。
次にファンド管理チームで、投資先マイクロファイナンス機関(カンボジア)を取り巻く外部環境についての調査とレポート作成を行いました。金融規制や外資企業の参入によって国内マイクロファイナンス機関がどのような立場にあるのか、マクロな視点からの理解が深まりとても勉強になりました。

−今後チャレンジしてみたい事や、入会を考えている方へのメッセージ

今後は、LIPの人材の価値を最大限に活用した支援事業の計画・実行にチャレンジしたいと考えています。「日本の産業界で培われた高度なビジネススキルを途上国支援にどう活かしていくか」というテーマに関心を持っていて、企画の構想から実行まで関与するのはLIPでしかできないことだと思います。
LIPはなぜかとても優秀な方が集まる傾向があり、本業でご活躍されている方々と活動できるのはとても刺激的です。働きながら世界を変えられるだけでなく、LIPの活動で得た刺激を本業や私生活に活用することもできます。本格的に途上国支援の活動がしたい、仕事以外の活動で刺激がほしいという人にとってはまたとない環境だと思います。