マイクロファイナンスについて

金融のない世界で、失われる機会がある。貧困から抜け出す一歩を、すべての人に。

「マイクロファイナンス」とは、貧困層向けに提供される金融サービスの総称です。そこには、融資、貯蓄、保険、送金といった種類があります。マイクロという名称の通り、金額が「小口」である点が名称の由来です。

「マイクロファイナンス」が注目されるようになった契機は2006年。その年、バングラデシュのムハマド・ユヌス氏と彼の設立したグラミン銀行がノーベル平和賞を受賞しました。受賞の背景には、多くの発展途上国の金融に見られる、次のような構造的な問題がありました。

多くの発展途上国において、一般の銀行は、担保や客観的な信用がある富裕層や大規模な企業に対してのみ融資を行っています。 貧困層の人々は、商品や原材料の仕入れをしたり、家畜の数を増やしたりするのに必要な少しのお金を得るために、非合法な高利貸しや親類縁者に頼ることしかできない状況にありました。しかし、これらのインフォーマルな金融は常に利用できる訳ではありません。仮に利用できた場合でも、金利だけでなく金額や条件が不利な場合が多く、お金のやり繰りに困っていました。また、安心して小銭を預けられる場所もありませんでした。

マイクロファイナンスの大きな特徴の1つは、そういった貧困層の人々が持続的に金融サービスを受けられる仕組みを考案し、利用を促進した点にあります。

マイクロファイナンスのサービスの提供は、現地のマイクロファイナンス機関(Microfinance Institution, MFI)を通じて行われます。MFIには、政府系、NGO系、民間と様々な形態があります。

MFIの多くは、貸付地域毎に任命された責任者が毎週顧客を集め、お金の使い道や返済の計画について個別にアドバイスを行います。こうした取り組みによって、人々は、具体的なお金の管理方法と効果的な運用方法を学ぶことができます。たとえば、借りたお金を元に、家畜の飼育や手工芸品の製作、食料品店の運営などの事業を営むことができます。

このように、融資によって事業の拡大を支援し、人々が自らの手で生活の水準を上げていくことが可能になります。売上の増加により返済ができるようになり、借り手としての信用力が上がります。その結果、さらなる融資を受けることも可能となります。

私たちLiving in Peaceは、MFIを通じてこのサイクルを持続させることが、人々が貧困から抜け出すきっかけになると信じ、行動しています。また、活動開始以来、そうしたマイクロファイナンスの利用者と実際に出会ってきたことで、より確信を深めてきています。

* 第2種金融商品取引業者の登録のないLIPは、金融商品の勧誘、募集等の行為は一切行っておりません。マイクロファイナンスファンドにつきましては、提携先のミュージックセキュリティーズ社にお問合せください